離れ乳は小さい胸でもなってしまう?

離れ乳というのは、胸が小さい人でもなるのでしょうか?なぜ小さい胸の人でも離れ乳になってしまうのか、原因が知りたいですよね。胸が小さい人でも離れ乳になってしまうその原因とどうやったらそれを治すことができるのかを調べてみました。

 

胸が小さい人でも離れ乳になる原因

胸が小さい人でも離れ乳になる原因には何があるのでしょうか?

サイズが合わないブラジャーを着用している

試着しないでブラジャーを買って、自分のサイズに合っていないと、胸がしっかりとホールドされていないので、脂肪が背中に流れてしまい、サイズダウンをしたり、離れ乳や垂れ乳の原因になってしまいますので、きちんと自分のサイズに合ったブラを購入しましょう。

ブラジャーのつけ方が違う

ブラジャーのつけ方が違っていると、正しい位置に胸が収まらないために、離れ乳の原因になります。適当に着用することで、離れ乳になってしまったり、垂れ乳になってしまったり、サイズダウンをしてしまいます。

小胸筋、大胸筋が衰えてきた

バストは、小胸筋や大胸筋によって支えられ、形がキープされます。小胸筋や大胸筋が衰えてしまうと、バストが重力に耐えられなくなり、下方向や他の筋肉に引っ張られ、離れ乳や垂れ乳の原因になります。

姿勢が悪い

猫背で姿勢が悪いと、血流が滞ります。そのため、女性ホルモンがバストに十分送れないので、貧乳の原因になります。姿勢が悪いことで、バストのトップの位置が下がり、外へ脂肪が流れてしまい、離れ乳の原因になります。

 

このように、小さい胸の方でも離れ乳になってしまいます。胸が小さいからといって、垂れなかったり、左右に離れていかないということはありません。胸が大きい人と同じく垂れたり左右に離れたりします。

 

離れ乳の治し方

離れてしまった胸はどのように戻すのでしょうか?垂れるお肉はないと思われている小さい胸の方も胸を大きく見せて、サイズアップをすることは可能です。離れ乳の治し方をご紹介しましょう。

大胸筋を鍛えましょう

大胸筋は、バストの土台になるので、大胸筋を鍛えることで、離れ乳を治すことができます。

ブラジャーを変えてみましょう

毎日着用しているブラジャーを見直してみましょう。ブラジャーを正しく着用していない人というのはたくさんいます。ブラジャーを見直すだけでも離れ乳を改善する効果が期待できます。

 

バストは、加齢や重力によって、だんだんと胸の筋肉が衰えたり、女性ホルモンの分泌量が減少すると、乳腺組織も減ります。そのため、下垂したり、お肉が背中やお腹に逃げていってしまい、左右に離れてしまいます。

 

体にあったブラジャーをしないと、クーパー靭帯が伸びてしまって、下垂や離れ乳を進めてしまいます。

 

まずは、ブラジャーを見直してみて、少しずつ大胸筋を鍛えていくことで離れ乳を改善することができます。

小胸筋をほぐしましょう

鎖骨と胸の間にある小胸筋をマッサージしましょう。痩せていて、デコルテ部分が骨浮きしている人におすすめするマッサージです。小胸筋をほぐすと骨浮きを改善することができます。