胸の盛り方を伝授!

胸元の開いた服をカッコよく着こなしたい!大胆な水着だって着てみたい!

 

そう思っても胸が小さく谷間がないとコンプレックスになって、オシャレも十分に楽しめなかったりしますよね。

 

でも、胸の盛り方をマスターすれば、もう胸のサイズでオシャレを諦めることもありません。

 

胸の盛り方にはいろいろありますが、覚えておいて損はない、グラビアやレースクイーンなど生の現場で使われている胸の盛り方をいくつかご紹介します! 

 

ぜひ自分に合う盛り方を見つけて下さいね!

 

パッドで胸を盛る!

ブラジャーに付属しているパッドも高性能のものが増え、胸が小さくてもある程度の大きさや谷間を簡単に演出できるようになりましたね。

 

でも、パッド一枚では足りない、もっと胸を豊かに見せたいという人は薄めのパッドを二枚、三枚と重ねて自分好みのボリュームを演出することもできます。

 

最近では重ねて使用することを前提に設計されたパッドや、盛りたいところに合わせて好きな形にカットできるパッド、素材も布製やシリコンなど様々なものがあるので、自分好みの大きさや質感を作ることができますよ!

 

パッドは一枚しか使ってはいけないなんて決まりはありませんので、自由に組み合わせて盛っちゃいましょう!

やっぱり便利なヌーブラ

最近では定番になりつつあるヌーブラ。

 

ブラジャーなしでも使えますが、ヌーブラをパッド代わりにして上からブラジャーを付けるとかなり胸を盛ることができます!

 

ヌーブラの効果的なつけ方は、

 

1)ヌーブラを胸の横、両側に縦向きに付けます。この時はフロントにくるホックが下を向いているように付けます。

 

2)ヌーブラの位置が決まったら横から胸を中央にグッと寄せ、持ち上げるようにしてフロントのホックを止めます。寄せてあげる!のイメージですね。

 

3)くっきりとした谷間ができたら上からブラジャーなどをします。

 

もしまだボリュームが足りないな、と感じるならこれにパッドを足すのも効果的です。

テーピングで盛る!

前の開きが広くブラが付けられないような服やドレスの時はテーピングが有効です。

 

この方法はレースクイーンやイベント出演者などもよくやっていますが、あの、キムカーダシアンも披露していたことがあるんですよ!

 

普通のガムテープなどでもできますが、お肌のことを考えると薬局などで売っている通気性の良い医療用テープなどをお勧めします。

 

1)右手で左胸を包み込むように右上に引き上げます。その状態を保ちながら左胸の下から右胸の下までテープを引っ張るように貼ります。

 

2)次に反対側も同じように、左手で右胸を包みこむように引き上げながらテープを貼ります。

 

3)谷間の下になる部分は指で摘んで細くしたりと、服や水着に合わせて整えはみ出ていないかを確認したら出来上がり!

 

直接肌にテープを貼ってしまうので、ゴワゴワした感じや違和感がなくバレる可能性も低い盛り方ですね。

なりたい胸によって盛り方を選ぼう

胸の盛り方にもいろいろとありますが、盛り方によって印象も変わってきます。

 

綺麗な谷間を作りたいのならテーピング、手触り重視ならヌーブラ、とにかくボリューム!という方はパッドの重ね付けがお勧めです。

 

どれも簡単に理想の形を作ることができますよ!

 

胸を盛った後には胸の上にオイルやシマリングパウダーなどを塗って仕上げても素敵ですね!

 

光を集め、陰影のあるセクシーな胸元が演出できますよ。

 

そして、寄せて集めてパッドで盛るのもいいけど、本物のバストを育てたい!というあなたにお勧めなのが、今話題の育乳ブラ「クリスチャン・マリア」

 

夜着けて寝るだけでぷるるんな胸になれると大好評です!

 

まずはパッドで、テープでと盛って豊かな胸を演出しながら、夜は育乳で本物のぷるるんを目指してみませんか?