胸が垂れるのを防ぐ方法ってあるの?

ツンと上を向いたハリのある胸はいくつになっても憧れますよね。

 

でも、正しいケアをしないと年齢とともにショボンと下向きの垂れた胸になってしまう可能性が・・・

 

加齢だから仕方がないと諦めたくありませんよね!

 

胸が垂れるのを防ぐために、胸の垂れる原因とその対処法を知って理想のバストを取り戻しましょう。

 

胸が垂れる原因は?

胸が垂れるのを防ぐには、まず胸の垂れる原因を知ることから始めましょう。

エストロゲンの減少

エストロゲンという女性ホルモンの働きによって乳腺が発達しバストのハリが保たれています。

 

加齢だけでなく、ストレスや生活習慣の乱れ、無理なダイエットなどでホルモンのバランスが崩れるとエストロゲンの分泌も妨げられてしまい、その結果胸にハリがなくなってしまいます。

クーパー靭帯の損傷

胸は主に土台になる大胸筋、母乳を作る乳腺とそれを保護する脂肪、そして胸の内部から支えるコラーゲン繊維でできたクーパー靭帯によって構成されています。

 

胸が発達し重みを帯びてくるとクーパー靭帯が伸びてバストラインが下がってしまう原因になります。

 

また、出産や妊娠など胸のサイズが急激に変わる変化もクーパー靭帯を伸ばす原因になりますし、激しい運動で胸が揺れるとクーパー靭帯が切れてしまうこともあります。

 

そうすると胸を上手く支えることができなくなり胸が垂れてしまいます。

間違ったブラのサイズやつけ方、姿勢の悪さ

ブラが大きすぎると胸の脂肪が背中やお腹に流れてしまったり、反対に小さすぎると締め付けが強くなり胸を潰してしまう原因になります。

 

また、姿勢が悪いと血液やリンパのめぐりが上手くいかず、必要な栄養分が届けられずにハリを失ったりもします。

 

胸の垂れを防ぐ対処法

バランスの良い食事と良質な睡眠

胸のハリには女性ホルモンや成長ホルモンが関係しています。

 

女性ホルモンや成長ホルモンの分泌は年齢とともに減少してしまいます。

 

ホルモンを最大限に分泌させるためにはホルモンバランスを崩さないことが大切です。

 

そのためにもバランスの良い食事や睡眠をしっかりとることは必要不可欠です。

 

食事はホルモンを作るアミノ酸を補給するために魚や肉、卵など動物性のタンパク質をしっかりと摂るのがお勧めです。

 

睡眠中はホルモンが分泌される大事な時間なので、なるべく早めにお布団に入りしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

上下に激しく動くような運動はしない。

胸が上下に激しく揺れるとクーパー靭帯が切れてしまう原因になります。

 

胸のことを考えたらトランポリンやマラソンなど上下に激しく動くものは控えた方が良いですね。

 

でも、運動をしたい!とう人は、胸がしっかりとサポートされるスポーツブラを着用して胸が揺れ過ぎないようにしましょう。

ブラは正しいサイズ、着け方で!

自分の気付かないうちにバストサイズは変わっていることが多く、ブラのサイズを間違って選んでいる人は意外と多いんです。

 

サイズは定期的に測りブラを購入する際は必ず試着するようにしましょう。

 

また、ブラを着けるときは背中や脇のお肉も集めるようにしてカップに収めます。

 

動いているとずれてくるので、お手洗いに行ったときなどブラにきちんとバストが収まるように入れ直してあげるとバストを形よく保つことが出来ます。

 

また、胸を持ち上げようとブラのストラップを短くしている人は要注意です!

 

ストラップを短くすると後ろ側のアンダーが持ち上げられブラが前傾し胸が垂れる原因になってしまいます。

 

猫背の原因にもなるのでブラは正しく着けるようにしましょう。

姿勢を良くする

姿勢が悪く猫背になっていると胸周りの血流やリンパの流れも悪くなってしまいます。

 

そうすると胸が冷たく硬くなりやすく、全身にも悪影響を与えます。

 

胸のふんわりした柔らかさを保つためにも姿勢を正すことが大切です。

胸の垂れる原因と対処法のまとめ

胸の垂れる原因は加齢もありますが、年齢を重ねるごとに積み重なった生活習慣が原因になっていることも多いと言えますね。

 

こういった原因を全て改善していくのは大変ですが、いくつかのポイントを意識するだけで胸が垂れる、バストラインが崩れるのを防ぐことができるので理想のバストのために少しずつでも変えていきましょう。

 

バストラインが崩れるのを防ぐナイトブラもお勧めです!