プエラリアミリフィカの乳がんリスクはどうなの?

プエラリアミリフィカはバストアップに効果があると言われていますが、乳がんのリスクもあると噂されています。プエラリアミリフィカは本当に乳がんのリスクがあるのでしょうか?プエラリアミリフィカの乳がんのリスクについてお調べしました。

 

乳がんになる原因

乳がんというのは、乳腺から発症する癌のことです。女房は、乳腺と脂肪でできています。乳がんは、細胞の遺伝子異常が原因で発症します。

 

乳がんの症状は、胸のしこりやえくぼなどの皮膚が変化することや、胸の周りのリンパ節の腫れといったものがみられます。

 

乳がんは、一度発症すると、体内にあるエストロゲンを寝床にして成長し、発症時のエストロゲンのレベルが高いと進行が悪化するリスクが高いです。

 

乳がんになるリスク要因として、まず、生理・生殖要因があります。これは、初経や閉経が早かったり、出産歴がなかったり、初産が遅かったり、授乳したことがないことがあげられます。

 

また、体格も、身長が高く、閉経後の肥満症状なども要因の一つです。生活習慣も関わってきて、飲酒習慣があると、リスクが高まります。食事習慣では、脂質や一部の果物や野菜、イソフラボンなどがあげられますが、確実な根拠はありません。

 

また、遺伝もあげられます。一親等の家族に乳がん歴があると遺伝しやすいです。乳がんは、日本では発症者が年々増えていて、食事文化が欧米化したり、肥満が急増したり、未婚や高齢出産の女性が増加したことが理由です。

プエラリアミリフィカと乳がんとの関係

バストアップに効果があるプエラリアミリフィカを摂取すると乳がんのリスクがあると悩んでいる方のために、プエラリアミリフィカと乳がんとの関係についてお調べしました。

 

女性なら乳がんになることは誰もが避けたい病気です。プエラリアミリフィカを摂取すると乳がんのリスクが高まるというのは本当なのかを調べました。

 

結論から申し上げると、プエラリアミリフィカと乳がんとの因果関係ははっきりしていないというのが現状で、今でも研究が進められています。

 

プエラリアミリフィカが乳がん発症を助長するかについても研究が続いていますが、いまだに確実な証明はされていません。

 

そのために、プエラリアミリフィカが乳がんの原因になると断定が出来ない状況なのです。2017年現在でも、プエラリアミリフィカが原因で乳がんになったという事例はありません。プエラリアミリフィカによる副作用の報告だけしか上がっていません。

 

乳がんが発症した時に、プエラリアミリフィカを摂取すると、エストロゲンの分泌を促進して、乳がんの進行が早くなるということは明確です。

 

乳がんは、発症や進行において、エストロゲンを栄養にするので、乳がんの可能性がある方がプエラリアミリフィカを摂取すると、危険な状態になってしまいます。

 

乳がんのリスクが心配な方は、プエラリアミリフィカを服用する前に、乳がん検査を受けることをおすすめします。

 

プエラリアミリフィカは、副作用の可能性がありますので、乳がんのリスクが心配な方は飲まないことをおすすめします。